キングダムネタバレ最新669 2/11公開

キングダムネタバレ最新669 2/11公開 本会
きょうれい
サトルは僕を裏切った
彼は最後の最後で わざと手を抜いたんだ

僕を殺すと約束したんだ
殺すと約束したのに…

先生は僕を裏切ったんだ!

回想

玲の剣が先生を貫く。
玲は自分に戻ってくる。

礼!
先生!先生!どうして!

先生
礼… 負けた
強くなったな
私のためによく生きてください

怜!
サトル!シキィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ

サトルが息を引き取るのを見て
怜は突然立ち上がる

レイ
ハァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァッ

真っ黒なオーラが放たれる。

レイ「…………………。
次のカイ・ユーは俺だ。
絶対に私が最強のチ・ユーであることを見せてやる!!」と、レイは言った。

そして、レイは気絶する。

回想終了

キョウカイとキョウレイの激しい戦いが続く。

キョウカイ。
悟はわざと負けたのかな?怜!?


そうだよ 先生に勝てるわけがないんだよ!
あいつは最後に手を抜いたんだよ
俺がチ・ユーになるのを恐れていたんだよ

キョウカイ。
お前は変わってないな。レイ。
お前はあの頃のままだ。
まっすぐだ。

キョウレイ「…………っ!?
うるさい!何を言っているんだ!?

キョウレイ。
まあ、いいだろう。
見せたいものがあるんだ、レイ。
もっと深いところまで行くぞ。
付いて来い。

もっと早く行くぞ
キョウカイがキョウレイを追い詰める。
「キョウカイがキョウレイを追い詰める」

キョウレイ。
くっそ、まだだ。
あの時、もっと奥まで行けたのに!?

二人の意識の中で。

キョウカイは闇の中を泳いでいる。
それをキョーレイが追いかけている。

キョウレイ!?
待って!

キョウカイ。
ここまで来るとは思わなかった。
ここまで来るとは思わなかった。
成長したな

キョウレイ。
何を言っているんだ?もちろんだよ
私はチ・ユーです

二人が泳いで進んでいくと
光が見えてきて……。

場面が変わる!

シン・テン
シン!

突然、キョウカイとキョウレイが
突然、キョウカイとキョウレイは意識を失い、倒れた。
キョウカイはキョウレイの手を引っ張っている。

テン。
何が起こったんだ?

真琴「…………なんだ?
わからない、わからない……。

そこに飛信隊が集まってくる。

大平!
ノブ!キョウカイはどうなった!

真琴。
二人とも私の意識の中にいる。
喧嘩しているようだ。

気長に待つしかない。

シンが叫ぶ。
キョウカイ!?絶対に戻って来い!

もう一度、二人の意識の中で–。

キョウカイキョウレイ……。
闇の中を、まばゆい光の中を。
彼が目を開けた時
キョウシュウとキョウシキがそこにいる。

レイ「…………!?
先生!!!!」ギョウシギョウシギョウシギョウシ

キョウシキ!?
レイ、成長したな。

レイ
像。

キョウカイ。
深く潜れば辿り着けると思っていた。
怜ちゃん、この世界は死まであと一歩のところにある。
ここに来ると像に会える。
ここに来るのは三度目だ。

キョウショウ。
カイ、ここに来るのが長すぎたな。

キョウレイ。
うっせぇよ。お前がここに連れてきたんだろ
何をする気だ!?

悟は玲に近づき、話しかけてくる。

サトル
怜ちゃん、元気そうだね。


サトル!この裏切り者!

礼がサトルを殴る

吹っ飛んじゃった

サトル
レイ。祭りの最後に殺そうと思ってたのに
祭りの最後に殺そうと思っていた。
でも、その前の戦いで腕が怪我をしていた。
だからレイの剣が先に俺を貫いた。

でも、後悔はしていない。
お前に負けたのは運命だった。

むしろ、お前が俺の命を奪ってくれてよかった。
お前が俺の命を奪ってくれてよかった。

レイ
分かっている… 腕が…

先生
でも あなたは苦しんでいる
与えられた運命に悩んで泣いている
白鳳を振り回している。
もうやめてもいいんだよ。
己の心に従え。
一族のことは忘れていい。

私が「チ・ユー」になったら
私は、家族のためではなく 中国全体のために戦うつもりだった。
中国全体のために戦うつもりでした
ケチな暗殺者としてではなく
私は自分のスキルを使って 世界をより良い場所にしたかったの
より良い世界を作るために自分の技術を使いたかった。
戦争のない世界を作りたかった。

レイ
そんなことをしてはいけない!

キョウカイ「…………………………
いや、できる。
今はそう考えているからこそ、仲間と戦っているんだ。
秦が中国を統一し、争いのない世界を作る。
秦に会ってから、そう思うようになった。

キョーレイ。
あの男は

センス
レイ 暗闇の中で生きるのはやめて
光の中で生きるべきだ
自分自身の目的を持って
それが私がチヨンになった時にやりたかったことです。
レイはその思いを繋げてくれると信じています。

レイ
先生………………………

翔、キョウカイ、センセイが目の前に立っている。

キョウレイは膝に崩れ落ちる。

意識の中でのシーン終了。

悟の真意を知る玲。
恭礼三姉妹の声…。
怜の心に響くのだろうか

タイトルとURLをコピーしました