鬼滅の刃21巻ネタバレ!荒れ狂う無惨と死の淵を彷徨う炭治郎

鬼滅の刃
『鬼滅の刃』のネタバレ21巻をご紹介します! 


ネタバレが気になっています…内容が深すぎて本が読めなくなってしまうと思いますので、今回はラフネタバレをご紹介します。 ..

第20巻では、黒人デスファイターが倒され、黒人デスファイターが倒される時が来た。

最後の瞬間に、黒い殺人者は考えます。

私が黒死病が人間だったとき、私が一勝道勝者の後継者だったときのことを覚えています。

幼年期は恵一と過ごしました。

刀を習得しようと努力する才能あふれる兄。

しかし、弟が剣に興味がなかったにもかかわらず、彼の才能は兄を上回っていました。

彼は彼の兄弟を愛し、重要な兄弟です。

兄の圧倒的な才能に嫉妬する兄。

兄弟の死去はその時すでに始まっていました。

そして彼が若い日に家に帰ったとき、長い間彼に会っていなかった継兄弟は、悪魔が鎮圧されたとき、運命的な再会をしました。

弟エンニに追いつくのに苦労して再登場する天才だが、生津には届かなかった。

その時、彼は悲惨な甘い言葉をかけられ、悪魔になりました。

それでも、私は兄に連絡することができません…

いくら手を伸ばしても届かない…

苦労しながら岩勝は完全に倒壊した。

兄を思い浮かべる弟と弟を羨ましがる兄。

気持ちは違いますが、お互いのことを考えるのをやめられない二人でした。

そして、黒い人間が消えた…

それが開発でした。

次に、21巻でどんな開発が待っているのかを簡単に紹介したいと思います。

「鬼滅の刃」のネタバレ

ここからはすべての記事を読んでうれしいですが、記事は数分なので、気になるところにジャンプできるように各アイテムにネタバレを用意しました!

気になるところまで飛んでみてください!

『鬼滅の刃』 21巻の概要

『鬼滅の刃』 21巻には179話から187話が収録されるそうです。

鬼滅の刃21巻のネタバレ

黒の人間は倒されましたが、価格は高すぎました。

時徹と玄也は相次いで命を落とした。

見事なミヤ、涙。

それでも生き残った人々は止まらなかった。

民二郎たちは二人の死を受け入れ、悲劇の究極の目的に向かう。

その頃三沢は完全に復活し玉城を殺した。

さらに、周囲の魔族メンバーが殺されて食べられます。

そしてミセルは悪魔狩りの絶滅を宣言した。

牛屋輝屋は惨めさの復活と多くのメンバーの死に苦しんでいます。

それでも、彼はこの圧力を克服することを決めました。

その頃、次郎と住友の前に突然現れた悲惨さ。

並外れた言葉にも関わらず、墨二郎の怒りはピークを迎える。

そして、不幸との戦いが始まりました。

いよいよ攻撃に対応するのは次郎と義之。

それを防ぐことはできず、次郎次郎は右目を負傷しました。

私を助けてくれたのは、いぐろと甘露寺でした。

3本の柱が集まった。

当時、湯葉史朗は、上弦である鳴門の光景を操っていた。

玉城が殺されたとき、白呂裕朗は心の底から悲劇を憎みます。

その時、城全体が動き始めます。

柱と次郎次郎は惨めに攻撃しますが、決定的な打撃を与えることはできません。

その時、ミームをどんどん操作してお城を動かす城裕朗。

しかし、それに気付いた悲惨さは泣いている女性の頭を吹き飛ばします。

中湯四郎は残りの力を絞り出し、ついに城を地面に倒すことができました。

やっと地面にドラッグできた…

それ自体は良かったのですが、都会の最悪の状況で出てきました。

そして夜明けまではたったの1時間半。

それまでは戦わなければなりませんでした。

支柱は安全でしたが、悲劇的な圧倒的な力の前に押しやられました。

さらに、彼らを守るために一般会員は犠牲にされました…

さらに、そんな状況の中、住次郎は悲惨な毒に襲われて…

突然、まめこが目覚めて走り出す。

住友二郎さんに案内されたようです。

その間、悲劇的な猛攻撃が続いています。

3本の柱が押されていたとしても、押されている間に逆行と逆と二人が駆けつけた。

その間、瀕死の住次郎は奈落の底にさまよう…

そして、ミンジロウは精神世界の未解決の場所で目を覚ます。

初代剣士円一がいました。

悪魔に虐殺された家族。

クレイジーな生活。

恵一は出会い、ひどく死ぬことにした。

惨めさを殺す円一。

剣術はその日の究極の息吹でした。

しかし、それを逃して生き続けるのは悲惨です。

そのため、円一は追放される。

自己責任の羨望の的。

そして、すすむよしの子供を持ち上げると涙がでる。

隅々郎は最初から最後まで状況を見ていました

「この人の心を少しでも救ってもらいたい」

強く望みました。

彼は数百年前に亡くなりました、

それでも、あなたを救ってもらいたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました