鬼滅の刃205話最終ネタバレ!現代の子孫から始まったスピンオフ「煉獄外伝」

鬼滅の刃

週刊少年ジャンプで連載中の「鬼滅の刃」の鬼滅の刃205話のネタバレや感想を紹介したい!

前の204回の話では、恐ろしいものとの戦いは終わり、悪魔の戦隊は解散し、彼らはそれぞれの道を歩んでいました。

それはすべて平和であり、悲惨さと悪魔との戦いは嘘の時間でした。

そして、物語は令和の時代に移ります。

青い彼岸花は何でしたか?

この205話の最終話には、民次郎たちに起こったことを描いた。



「鬼滅の刃」のネタバレ
ここからはすべての記事を読んでうれしいですが、記事は数分なので、気になるところにジャンプできるようにアイテムごとにネタバレを用意しました!

気になるところまで飛んでみてください!


「鬼滅の刃」205話最終ネタバレ



それは率直な印象でした、または悪魔の話205はエピローグのようでした。

鬼滅の刃の実際の最後の話は、おそらく話204です。

これらの205話は、何世代にもわたって受け継がれ、201話までトラウマだった感情と人生です。

誰よりも人生に夢中だった彼は、自分の気持ちを民次郎に託すというアイデアを思いつきました。

鬼滅の刃のスピリットは何世代にもわたって受け継がれ、破壊されることはなく、破壊されることすらありません。

それも事実を覚えている悲劇です。

そして美里は第203話で彼の考えを続けたいと願った…

次郎二郎を抱きしめ、最後まで考え続けてほしいと願うのは悲劇。

この


「気持ちのこだわり」


それが話205の令和の世界でした。

もちろん・・・。

それはただ平和な生活です。

それはただの平和です。

これは、


「安心して暮らしたい次郎次郎の想いが伝承されています。」


あなたはそれを考えることができます。




悪魔隊の子孫と転生して幸せに暮らす人々。

これは、新しいコロナウイルスを恐れて生きている私たちにとって、希望の最後の話だったのかもしれません。

今日、新しいコロナウイルスの脅威は国内的にも国際的にも動いていますが、この新しいコロナウイルスの問題を解決することにより、幸せな未来が訪れます。

彼らの子孫のために幸せな人生を送ってください…


「鬼滅の刃」205話「話ブルーアマリリス」最終話で明らかに



惨めさが追求した「青い彼岸花」。

この青い彼岸花…悪魔がそもそもそれを見つけるのは不可能でした。

何故ですか…


「青い彼岸花は、年に数回、日中にのみ咲く花でした。」


パンチラインです。

彼らがいくつの悪魔を探しても、彼らは見つけられないでしょう。

ミザリーが追求したことは、世界の摂理のように、悲惨なしには得られない悲しい結果でした。


「鬼滅の刃」スピンオフ「煉獄外伝」


『鬼滅の刃』の本編は終了しましたが、平野良二描き下ろしのショートストーリー「煉獄外伝」がこれから始まります。

跡部義晴先生の作品ではありません。

『週刊文春』に掲載された家族の事情で、家に帰って漫画家を去るという噂は本当ですか?

「悪魔の刃」第205話最終印象は賛否両論!




長所と短所はありますが、多くの否定的な印象があります。

でも個人的にはこれで仕上げて良かったと思います。

「鬼滅の刃」のエンディング
「鬼滅の刃」の世界観として、魔族への恐怖があり、魔族を破壊する魔族戦隊があります。

それは何百年もの間、悪魔と人類の戦いです。

そんな中、大正時代に登場した三次郎。

悪魔の頂点に立つ惨めさから脱出するのを恐れたイコクサイエニチと同じピアスを着た人。

これまで繰り返されてきた悪魔と人類の戦いは、悪魔を倒すことで終わります。

しかし、それはこの悪魔の祖先だと思いました。

あなたがいくら殺しても、彼らはしつこく自分を狩ろうとします…

鬼滅の刃のスピリットは何世代にもわたって受け継がれ、破壊されることはなく、破壊されることすらありません。

それも事実を覚えている悲劇です。

住友も無意識のうちに一国一一の意志を受け継ぎ、惨めさを打ち破った。

つまり、この「鬼滅の刃」の物語に描かれていること

「途切れない思考」

です。

悪魔を葬り、心の幸せを手に入れた人間。

鬼の脅威からようやくハッピータイムが解き放たれ、大正からこの令和にハッピータイムが過ぎました。

なので個人的にはこれで仕上げて良かったと思います。

第204話以降、この「相続」の部分を描ききれなくなったと思います。

私はその悲惨さにただ感動しました。

ただ、この「相続」は悲惨な印象だけでなく、甚次郎が国の結婚の意志を受け継いだという事実もあるので、今回は消化していきたいと思います。私たちが握る「幸せ」を継承する人たちを描くことで終わるのは自然な流れです。

本誌本編では特に触れていませんが、ここは「行間」と呼んでいます。

書きませんが、読める部分だと思います。

「このように繰り返されていることだけ」

「それが繰り返される方法です」

私はとても幸せだ

そんな霧深いヒーローの歌詞を思い出しました。

さあ、これから始まる「戦国外伝」と発売される鬼畜刃の本が楽しみです!

もちろん、公開される映画も含め、全滅の刃を堪能しましょう!

跡部義晴先生、ありがとうございました!
タイトルとURLをコピーしました