鬼滅の刃20巻ネタバレ!黒死牟の虚弱な兄弟と縁壱の対立

鬼滅の刃20巻

新コロナウイルスにより発売が延期された「鬼滅の刃」のネタバレ20本をご紹介します! !!

ネタバレが気になる…内容も深すぎて読みづらくなると思うので、今回はラフネタバレをご紹介します。 ..

物語が進むにつれ、鬼滅の刃の人気とコンテンツはますます熱くなっています!

第19巻の終わりに、行冥は実弥の傷の癒しに集中し、武器の鉄球を回転させる行冥と肉体の上弦の壱・黒死牟に感動します。

行冥は鉄のボールと手斧の両方を投げて黒死牟を攻撃し、黒死牟に働く機会を与えません。

黒死牟は鉄球と手斧をつなぐ鎖を切り落とそうと試みますが、彼がそれができないことにすぐに気づきます。

逆に、鉄の純度が高いため、自分の肉でできた黒い死の剣は焼き尽くされました。

結局、黒い死んだ剣が折れた。

しかし、刀はすぐに再生され、行冥は顔に傷がついた。

ここで負けても意味がなかったのなら、行冥は打撲傷を負っていました…

次に、第20巻でどんな開発が待っているのかを簡単に紹介したいと思います。

「鬼滅の刃」のネタバレ
ここからはすべての記事を読んでうれしいですが、記事は数分なので、気になるところにジャンプできるようにアイテムごとにネタバレを用意しました!

気になるところまで飛んでみてください!

『鬼滅の刃』 20巻の概要

「鬼滅の刃」20巻は170話から178話。

「鬼滅の刃」20枚
黒死牟が刺さり、全巻創作時に透明です。

本格的な玄弥との戦いを決意。

彼の行動を見たときに彼が悪魔になるように説得し、悲しんで負けた黒死牟。

それに腹を立てている。

激しい戦いが再び再開されます。

みやはあざといえば戦争に参加。

それから逆流と沙耶の戦いが始まった。

黒い人間の髪のジェニア。

遺体は黒い死すべき者に近づいていた。

その頃、行冥とミヤは激しい戦いを繰り広げていました。

黒い人間を押しているように見える攻撃の嵐。

その時、剣の呼吸法で折り畳もうとすると、黒人の迫力が発揮されます。

刀を変形させ、一撃で薬師と宮を倒す。

瞬間的な攻撃に対応できないことに2人が驚いています。

黒人の攻撃はそのままです。

私は少し前にそれを押しましたが、今はそれを避けようとしています。

月の呼吸の剣術で死ぬ覚悟ができていたミヤを救ったのはトキルだった。

その時、ゲニアは自分の弱さを嘆き、髪に続いて黒い死んだ剣を飲み込みました。

疲労感のない黒い死すべき者。

行冥は自分の行動が読まれているとはっきりと感じた。

しかし、戦闘ではその能力の一部を理解することができました。

ぼろぼろにすると透明になります。

3人が彼に沿って黒人の死すべき者に近づきます。

黒人モータルと同じ世界を見始めた行冥とトキル。

これはギャップを作り、攻撃に成功します。

そして半悪魔となった源屋の弾が爆発する。


4人同時襲撃。

その時、確かに、黒死牟は数百年ぶりに生命の危機を感じた。

そして400年前を思い出してください…

一人暮らしをしている80歳前後の弟・縁壱。

すると弟の圧倒的な力が兄の目の前で一瞬で死を悟った。

しかし、攻撃の少し前に、弟は直立して死にます。

この体で負けることはできません…一度に4人を拒否する黒人の必殺技。

全身から刀を抜いた。

体が破れると透明になります。

最後の力は剣を赤くします。

それは黒人の死すべき者に激しい痛みを与え、状況を逆転させます。

最後に、みんなの助けを借りて、彼は黒人の首を落とすことに成功しました。

首を落としても生き残る黒い定命の者。

彼は醜いにもかかわらず、生きようとしていました。

しかし、一瞬、自分が刀に映っているのを見て、疑いました。

そうすると、体は再生できなくなり、崩壊します。

最後の瞬間に、黒い殺人者は考えます。

私が黒死牟が人間だったとき、私が一勝道勝者の後継者だったときのことを覚えています。

幼年期は恵一と過ごしました。

刀を習得しようと努力する才能あふれる兄。

しかし、弟が剣に興味がなかったにもかかわらず、彼の才能は兄を上回っていました。

彼は彼の兄弟を愛し、重要な兄弟です。

兄の圧倒的な才能に嫉妬する兄。

兄弟の死去はその時すでに始まっていました。

そして、幼い日に家に帰ると、久しぶりに会っていなかった継兄弟たちが悪魔たちを鎮圧して運命的な再会を果たした。

弟エンニに追いつくのに苦労して再登場する天才だが、生津には届かなかった。

その時、彼は悲惨な甘い言葉をかけられ、悪魔になりました。

それでも、私は兄に連絡することができません…

いくら手を伸ばしても届かない…

苦労しながら岩勝は完全に倒壊した。

兄を思い浮かべる弟と弟を羨ましがる兄。

気持ちは違いますが、お互いのことを考えるのをやめられない二人でした。

そして、黒い人間が消えた…

鬼滅の刃20巻

「鬼滅の刃」20巻「スペシャルエディション」のポストカードは16種類!

「鬼滅の刃」第20巻に収まった「黒死牌」とは?

「神宮の市」を筆頭に鬼泉つじょうが選んだ最優秀エリート12人の鬼月

真に最強の悪魔。

彼の後ろに長い黒い髪が結ばれた、6つの目を持つ奇妙な悪魔。

また、額や首からちらつく炎のような黒いあざがあります。

幽遊編に初登場、鬼夜月の兄弟姉妹が倒された直後に他の上の弦が無名に呼ばれ無限の城に集まった時、太郎裕太郎と堕落姫が倒された。明らかにする

十二鬼月の命令を厳守し、ガンザが挑発したドマに一撃を加えた時、左腕を斬りあきらめた。

続いて登場したのが、夢幻城での決戦で新たな上位地となった椎岳が鬼になり、出会ったら地面に降りて懇願する想い出のシーン。彼は彼に悲劇的な血を与え、そして彼を悪魔に変えました。

腰に悪鬼の鞘が差し込まれ、その姿は次郎が夢見ていた「ピアスを持った剣士」を彷彿とさせる悲惨な記憶に刻まれている…

黒人の正体は「つくに道勝」
鬼軍団の中核となった仲間の呼吸剣士の一人。

彼は双子の兄弟であり、次郎の夢に現れたピアス付き剣士「つくによくいち」の継承国の長男でした。

また、系図では、遠藤徹一郎と鬼殺しの柱である雄一郎の先祖である人(なぜ姓が違うのかわかりません。女性の家族なのかもしれません)と私は言いました。それを残しました。」

また、2人の男子が男らしく、かすみが男子だったそうです。

彼はまた、ムイチロとの関係についても話し、ドマと同様に、彼が人間だったときの記憶をはっきりと覚えています。

彼自身の口から、戦国時代から惨めに仕えてきたと言われており、12鬼鬼というよりは、悲惨さによって生み出されたすべての悪魔の中で最古の悪魔の一人のようです。

彼の経歴と戦闘の歴史から、彼と彼の兄弟がかつてそのようなものであったためか、彼は悪魔の剣士とも戦った、そして悪魔を狩る兄弟(ミヤと玄弥)について考える何かがあるようです。そうしながら戦います。

『鬼滅の刃』第20巻の発売日は2020年5月13日!

『鬼滅の刃』第20巻は、当初2020年5月1日発売予定でしたが、2020年5月13日発売延期となりました。

そして、ボリューム21はおそらく8月頃にリリースされると思いますが、新しいコロナウイルスの影響により、これが再びどうなるかはわかりません。

おそらく、第21巻は179から187話をカバーするでしょう。

ちなみに、鬼滅の刃を電子書籍で読みたい方は、以下からご確認ください。

鬼滅の刃の今後の展開を楽しみにしています!
タイトルとURLをコピーしました