キングダムネタバレエピソード592死の場所


(松左引用:原康久、キングダムエピソード592)


久しぶりに読みたくなったキングダムだと思います。

ドアの絵の横の狂信的な声明、

「秦軍の最強部隊。その未来のために…!]

くそっ!

いいえ、ヤングジャンプを購入しましたが、「かぐや様」や明るいラブコメディをすぐに読みたくありません。

あるいは、もともと珠海平原の14日目は、趙龍と川竜の武将たちの戦略的戦いをテーマにしたはずだった。

それが何であれ、対象の戦士ゲームは終わり、味方ピンチの方向にありました! ?

さらに、松里の死の決定が出る次の週まで待たなければならないのでしょうか?

(*現在の状況では、軍事教師間の戦いは1エピソード未満で終了しますが、キャラクターのピンチは3週間続きます)

趙龍は強敵としては適切に機能しないので、神(作者)や味方と一緒に物語を引き寄せてみませんか?八打したい。

「初心者がバカなのは当たり前だ。松左の路線や後輩たちを守る姿勢。

これは、若者を使い捨てにする黒人の会社、AHOの先輩と上司全員に見せたいシーンです。




普段の淵さんについてどう思いますか? 「ええ!どうして助けを求めたの?」淵さんが松左に突入するのは不思議なシーンではない。安全を心配しているのは淵さんのように優しい反応です。





キングダムの考察-乾燥した土地乾燥機


しかし、彼らは新参者と呼ばれているものの、珠海平原での戦いは14日目まで生き残っており、実際、他の部隊はすでに新参者のレベルに達しています。持ち物です。

ただし、敵趙兵の動きはそれよりも高くなります。

多くのキングダムのファンは、ソハラクラスのマスターが周囲に囲まれているシーンを見るのに慣れていると思いますが、少しの結び目があれば、逆のことが言えます。

特に5ページの上部で、絞殺され絞殺された兵士を見るとかなり酷い。

読者は星との顔を完全に思い出すことができるようで、平木と拓兄弟は同様に危険にさらされています。

さて、ここでアタリが腐ったとしても、元三大天国兵だったのではないでしょうか。

そして、トドームをよだれに突き刺そうとしている趙の兵士。

そしてここに、松左を先頭にして救助隊が到着します。

平木兄弟と拓兄弟は時間内にお互いを救うことができ、新しい新兵の全滅は不可能になります。





キングダムスポイラー-松左、死の誘惑
松左は短い髪で江東を救ったが、もちろん彼はリラックスしなかった。

彼がこの死んだ場所に飛び込む前に、松左自身はすでに戦場を救うことができませんでした。

そして、趙軍の指揮官であるオッサンは、「右に走っているネズミがいる」と言ったが、松戸はその指揮を素晴らしく残したので、彼は何にも気づかなかった。 !!





キングダムスポイラー-死者の克服
これは、じょうごが興奮するところです。

それ?たぶん、松ざすけ?

ちょっと考えました。

「松左さん、私たちの命を捨てて突破口を開くから、一度私たちの後ろに降りてください!」 ]

「松様さんや先輩だけでも逃げろ!」 ]

しかし、松佐は私をひどく温かい叱責に任せました。

松左さんの体がとても危険で、落胆したり欲求不満を感じたりしない理由。

なぜ騎兵将軍の場合のように、誰にでも見える死んだ場所で、彼の演説が前進するすべての人の意欲を取り戻すのはなぜですか?



キングダムの検討-次の週を待っています。
多くの読者はすでに気づいているでしょう。

干斗は、現時点では何も恐れていません。

干斗だけでなく、松左が率いる不信心も怖くない。

趙の兵士を虐殺している間に、敵の槍のピックがどれだけ松の遺体に追加された。

敵の攻撃は使い尽くされても追加され続けます。

しかし、ここでは、彼の同僚は、彼が絶望的であると断言できたはずの趙軍の包囲は、明らかに誰にとっても薄いことに気づきます。

キングダムネタバレ最新エピソード592死場所の考察
次回は、キングダムネタバレの今後の展開についての予想を進めたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました