未分類

ドメインの購入方法

私は、他のトップレジストラよりもDomain.comが好きです。

価格も安く、使い方もとても簡単です。私が個人的に使用しているレジストラであり、常に推奨しているレジストラです。

ドメイン名の購入は簡単です。

良いドメインを見つけるのは少し難しいですね。

幸いなことに、両方を一度に行うことができる素晴らしいシステムがあります。これは、子供の名前を決めるようなものです。最初から正しく決めておきたいものです。

適当なドメイン名を登録して終わりにしてはいけません。それは大きな間違いです。

このガイドでは、私がドメイン名を購入する際のプロセスを、最初に名前を考えるところから説明したいと思います。

コンセプトとアイデアのブレインストーミング

もし、すでに購入したい名前があるなら、それは素晴らしいことです。次のセクションに進んでください。

もし、あなたのドメイン名が実際に良いものかどうかを確認したい場合(または、どんなドメイン名を選べばよいかわからない場合)は、このまま読み進めてください。

これは非常に重要です。ビジネスやキャンペーン、ブログなどで使用する名前ですからね。一発で決められるように頑張りましょう。

コンセプトリストの作成

あなたのプロジェクトで、頭に浮かんだ言葉、表現、フレーズ、アイデア、マントラなどをすべて書き出してください。

目標は25〜50個。真剣に、できるだけ多くの言葉を思い浮かべてください。

類語辞典を使うのもいいでしょう。私はこれをコンセプトリストと呼んでいます。これは、最終的な名前のリストの前のリストです。

覚えておいてほしいのは、今はまだコンセプトに過ぎないということです。これは完璧である必要はありません。

いくつかのハイレベルなルールがあります。

  • SEOやキーワードを気にする必要はありません - それは重要ではありません。
  • ハイフンは避けましょう。
  • .comだけにしましょう。イギリスやオーストラリアなどにお住まいの場合は、.co.ukや.auなどももちろん良いでしょう。
    一般的には、短ければ短いほど良いでしょう。
  • 私は個人的に、このプロセスにはマインドマップが便利だと思っています。

概念は他の概念を含むことができるので、特定の単語よりも本質的に生成性が高い。-オペレーティブ・ワード

ドメイン名の候補を選ぶ

次に、より洗練されたドメイン名候補のリストを作成します。

まずは、気に入った名前をすべてリストアップしてみましょう。予算は無限ではありませんから、ここでは深く掘り下げてみましょう。こだわりすぎると、選択肢が狭くなってしまうからです。使えそうなものはすべて書き出してみましょう。

以下のサイトを参考にしてみるのもいいでしょう。運が良ければ、気に入ったものが見つかるかもしれません。その場合は、それらもリストに加えてください。

BrandBucket - クリエイティブでブランド性のあるドメイン名を集めて販売しています。自分では思いつかないような名前がたくさんありました。

BuyDomains.com - 膨大な数のドメイン名を販売しています。透明性の高い価格設定で、シームレスなサービスを提供しています。このサイトは、私がドメイン名を取得する際の出発点であり、望ましい方法です。

BuyDomain.com ドメイン購入の流れ
Sedo.com - 膨大な数のドメイン名を取り扱っており、ドメイン名を取得する場所としては最もよく知られています。

Sedoドメイン購入の流れ
BuyDomains.comとUniregistryは、ドメイン販売の最大手です。私がブラウザにドメイン名を入力したときに、そのドメイン名が売りに出されていたら、この2社のどちらかが売りに出されているということが多いです。私はこの2社が最も合理的だと思います。HugeDomains.comも私が購入したことのある会社です。

コンセプトを考えるためのネーミングツールを増やす

困っていませんか?悩まないでください。これは厄介なプロセスです。

私のお勧めです。ネーミングを専門とする会社、Operative WordのAnthony Shore氏のポッドキャストのエピソードを聞いてみてください。

彼は、オンデマンドフィットネスシステムを「Tonal」(フィットネスの調子と未来感を表現する言葉として、とても気に入っています)、Virgin Voyages(以前はVirgin Cruisesでしたが、Voyageに乗れるのに、誰がクルーズに乗りたいと思うでしょうか?彼は様々なツールも使っていますが、ここではそれを紹介します。

OneLook.com - これは、キラー機能とワイルドカードオプションを備えた類語辞典のようなものです。例えば、Blで始まりrdで終わる、7文字の名前が欲しいとすると、文字通りそれを検索することができます。

RhymeZone - とてもわかりやすい説明です。Quick Sproutがsix out、big trout、this crowd、clear out、six roundと韻を踏んでいることを知らなかった人もいるでしょう。韻を踏むことに加えて、同義語や形容詞も見つけることができます。

Sketch Engine - これは非常に強力なコーパス言語学のデータベースで、現実世界の言語を大量に使用してコンピュータに通し、その言語を整理してタグ付けするものです。アンソニーは、2014年から2017年のすべてのニュース記事に設定しました。他の単語の近くで使われている単語や、他の単語との関係で使われている単語を調べることができます。基本的には、すでに自然に一緒になっている言葉を見つけるのです。これにより、あなたの名前はより親しみやすく、信頼性があり、採用しやすいものになります。これについては、ポッドキャスト「How Brands Are Built」で詳しく紹介されています。

MRC Psycholinguistic Database - ポッドキャストで詳しく紹介されていますが、特定の条件で単語を検索するかなり高度な方法です。例えば、特定の方法で始まり、特定の方法で終わる単語を探すのに使用できます。

選択肢の大きなリストができたので、今度はリストを絞り込んでいきましょう。

実現可能性に応じてリストを絞り込む

気に入った名前に「.com」と入力して、素早くリストを絞り込んでください。そのドメイン名をブラウザに入力し、そこに何があるかを確認します。

そのドメイン名で構築された既存のウェブサイトがあれば、リストから外します。実行可能なオプションである可能性は非常に低いと考えられます。
全く何も出てこない場合は、リストに入れておきましょう。これは、ドメイン名がまだ登録されていないということかもしれません。
広告付きのランディングページが出てきたら、そのドメイン名はパーキングされています。すでに誰かが所有していますが、買収の対象になるかもしれません。これをリストに入れておきましょう。
ドメイン名が売りに出されていれば、それは最高のシナリオです。まさに私たちが探しているものです。この選択肢をリストに入れておき、表示価格がある場合はその価格に注意してください。
最高のドメインは、残念ながら売りに出されているのが普通です。しかし、予算があれば、投資する価値は十分にあります。

絞り込まれたリストを手に入れたら、次のステップはさらに深く掘り下げて、最終的な選択肢を決めることです。

名前の決定

いよいよ大きな決断の時です。

ルールオブサムを忘れないでください。

  • SEOやキーワードを気にする必要はありません - それは重要ではありません。
  • ハイフンは避けましょう。
  • .comだけにしておきましょう。イギリスやオーストラリアなどにお住まいなら、もちろん.co.ukや.auなどもいいでしょう。
  • 短ければ短いほど良いでしょう。

そして、それぞれのドメイン名の選択肢について、以下の10の質問を自分に投げかけてみてください。

  1. この名前に満足していますか?
  2. その名前は好きですか?
  3. その名前を口にしたときに自信がありますか?
  4. 書き留めたときに気分がいいですか?
  5. 読んだときの印象は?
  6. それはブランド力がありますか?
  7. ユニークで、覚えやすく、意味のある言葉ですか?
  8. 読みやすく、綴りやすいですか?
  9. Googleのテストに合格しているか?名前をググってみてください。理想的には、他の組織が出てこないことです。もし出てきたとしても、同じ業界ではないか、あるいは密接に関連する業界ではないかを少なくとも確認したいものです。
  10. Googleのテストに合格していれば、おそらく問題ないと思いますが、念のため、商標登録されているかどうか確認してください。

スタータードメインアプローチ

私が気に入っているのは、スタータードメインというアプローチです。ここでの考え方は、あるドメイン名から始めて、将来的に別のドメイン名に移行することを意図するというものです。

例えば、気に入ったドメイン名があっても、予算的に無理があったとします。例えば、私が最近設立した会社の名前を考えていたとき、GoodLife.comがとても気に入りました。このドメイン名は誰かが所有していて、必ずしも売ろうとしているわけではありません。これを買おうとすると、私が払える金額よりもはるかに多くの金額を提示しなければなりません。もし私がスタータードメインのアプローチを取りたかったのであれば、Good Life Mediaという名前にして、$24,500で販売されているGoodLifeMedia.comを手に入れることもできました。(この価格は上がっているはずです。私が実際にこのオプションを検討していたときにはそれほど高くなかったので)

とにかく、GoodLifeMedia.comから始めて、最終的にはGoodLife.comを獲得することができました。Good Life MediaからGood Lifeにリブランディングするのはとても簡単です。社内では "Good Life "で通じるでしょう。最終的にGoodLife.comを買収した日は、大きな節目となり、チームとして目指すべき会社の目標ができます。

実際の例としては、The Wirecutterがつい最近、Wirecutterにリブランディングしました。

スタータードメインを導入する際の注意点

名前がきれいに変換されることを確認する。2つの名前は非常に密接に関連していなければなりません。理想的には、ロゴを含め、実際のドメイン名以外のすべての場所で希望する名前を使用できるほど密接であることです。
リスクはあります。準備ができたときに、希望のターゲットドメイン名が存在している保証はありません。
できるだけ早く、希望する名前のブローカーやドメインオーナーと話し合いを持つことをお勧めします。たとえ今日中に買える見込みがないとわかっていてもです。彼らはそれを知る必要はありません。なぜなら、時間が経つにつれ、所有者が高額な価格が実現しないことに気づき、価格を下げることはよくあることだからです。

ソーシャルハンドルの注意点

理想的な世界では、ソーシャルハンドルが利用可能なドメイン名を選択します。しかし、これは完璧な世界ではありません。私の考えでは、良いドメイン名を取得するのは十分に難しいことです。この基準を加えることで、さらに難しくしたり、ほとんど不可能にしたりしないでください。ソーシャルハンドルを取得する際には、選択肢があります。工夫を凝らすこともできますし、現在の所有者からハンドルネームを取得することもできます。

最終的な決断をする際にソーシャルハンドルを考慮するのは良いことですが、それに負けずに適切な名前を選ぶようにしましょう。

ドメイン名の取得費用について

ドメイン名を取得するには、2つの方法があります。

  1. まだ登録されていない名前を登録する。
  2. すでに登録されているドメイン名を、そのドメイン名を所有している人から購入す

どちらを選択しても、平均して年間7ドルから15ドルの登録料を支払うことになります。それに加えて名前を取得する場合は、さらに取得価格を支払うことになります。

ドメイン名の取得費用は多岐にわたり、4〜5桁の費用がかかることもあります。場合によっては、数百ドルで良いものが見つかることもあります。全く売れないドメイン名もあれば、数百万ドルで売れたドメイン名もあります。最近では、CoolQuotesCollection.comを2,500ドルで、Boot.comを70,000ドルで購入した人がいます。

もっとクリエイティブな方法を選択しない限り、ですが。つまり、Bluehostでサイトをホストすることで、完全に無料でドメイン名を取得することができるのです。この方法は、ゼロからサイトを始める人には少し簡単で、サイトを立ち上げるには、ドメインを選び、ホスティングプロバイダーを見つけ、サイトを構築する必要があります。そんな方には、この方法で3つのうち2つを一度に済ませることができます。

すでにホスティングプロバイダーを利用している方は、大丈夫です。まだサイト構築を検討しているなら、ドメイン代を節約する方法があります。

SquarespaceやWix、その他のお勧めのウェブサイトビルダーのプレミアムプランにお金を払えば、より多くの便利な機能を利用することができます。

新しいウェブストアを構築する場合は、それが最適でしょう。その方が、便利なeコマース機能を備えたサービスを利用して、魅力的なウェブサイトを構築できますし、ドメイン名も利用できます。

とはいえ、これらの有料プランのほとんどは、最初の1年間のドメイン登録が無料で含まれているだけです。その後の更新料がどうなっているか、よく見極めてから利用してください。

よく考えて意図的に登録するのであれば、空いているドメイン名を登録することは悪いことではありません。実際、私はそれを奨励しています。

問題は、他の選択肢があることに気づいていないケースが多いということです。最適な名前を手に入れることは、案外できるものです。

特に、ビジネスのためのドメイン名であれば、ある程度の予算を確保することをお勧めします。予算が少なければ少ないほど、できることも限られてきます。

お金を払わずに手に入れるものと同様に、無料で手に入れたドメインは、時として顧客に「お前は安い」と叫ぶことになります。ネーミングエージェンシーであるOperative WordsのAnthony Shore氏が、自然な言葉ではない名前はブランドの役に立たないだろうと言うのには同意します。見た目にもよくありません。

ドメイン名の購入

この時点で、あなたはドメイン名の有効な選択肢を絞り込んでいるはずです。次のステップは、それを所有することです。

それぞれの選択肢は、3つのカテゴリーのいずれかに分類されるはずです。

  1. ドメイン名の取得が可能で、未登録である。
  2. ドメイン名は取得可能なようですが、明確ではありません。
  3. そのドメイン名は明らかに販売されている。

ここでは、それぞれの状況について説明します。

ドメイン名が登録されていない場合の対処法
この場合、あなたがすべきことは、Domain.comにアクセスしてドメイン名を登録することです(クーポンコードQUICKSPROUTで25%オフになります)。

ドメイン名を検索バーに入力すると、そのオプションがあるかどうかを確認できます。

ここでは簡単な手続きを行います。プライバシー保護」を除いては、アドオンの購入やウェブホスティングなどの心配はまだ必要ありません。これにより、あなたの名前がスパム電話のリストに載らないようにすることができます。Domain.comを使ってドメイン名を登録し、あなたの情報を秘密にしておきましょう(クーポンコードQUICKSPROUTで25%オフになります)。これで終わりです。Domain.comは最高のドメインレジストラで、私はもっぱらこれを使っています。 それ以外のことには使っていません。なぜなら、私のウェブのニーズには他の会社を使っているからです。私は、ビジネスの各分野で専門家に依頼することを強く推奨しています。

ドメイン名の登録が完了したら、それで終わりです。これで正式に新しいドメイン名の所有者となりました。あとは毎年、ドメイン名を更新するだけです。もし更新を怠ると、他の人があなたをオーナーとして置き換えることができます。ドメインを自動更新するように設定することをお勧めします。心配事がひとつ減りますからね。

ドメイン名が取得できそうな場合の対処法

ドメイン名が取得できそうだが、はっきりしない場合は、2つの選択肢があります。自分でドメイン名を所有している人を探し出し、その人に連絡を取る。または、仲介業者に依頼する方法です。

ドメインブローカーを雇う場合、リスクはあまりありません。一般的に、手数料を支払わなければならないのは、ドメイン名を購入した場合だけです。それが最大のデメリットです。

ドメインブローカーを雇いたい場合は、Sedoが良いでしょう。私も以前に利用したことがありますし、他の人の良い評価も読んでいます。

自分でやる場合は、まずWHOIS検索でドメイン名を誰が所有しているかを調べることから始めます。また、ドメイン名をグーグルで検索して、ソーシャルメディアのプロフィールや他のウェブサイトに結びついているかどうかを確認するのも良い方法です。

しかし、自分でドメイン名の所有者を調べるとなると、失敗することが多いです。自分の連絡先を隠すプライバシー機能を使っている人はよくいると思います。ほとんどのドメイン・レジストラはこれを無料で提供しているので、人々はデフォルトでこれを行う傾向があります。(上で述べたように、この機能は絶対に選択すべきです)。

ドメインブローカーの利点は、巨大なネットワークを持っていることです。誰が何を所有しているか、ほとんどの場合知っていますし、もし知らなくても、それを解明する方法を持っています。GoodLife.comの例に戻りましょう。ブローカーに教えてもらわなければ、誰がそのドメイン名を所有しているのか知ることはできませんでした。もちろん、今でも誰がそのドメイン名を所有しているかはわかりませんが、少なくとも私にはわかるブローカーがいます。

ブローカーのもう一つの利点は、価格交渉の際に気まずい思いをしなくて済むことです。あなたのために悪者になってくれる仲介者がいるのですから。

 

ドメイン名が明らかに売りに出されている場合の対処法

上記のような取得可能なドメイン名は、なかなか難しいものです。私は明らかに売り出されているドメイン名に注目したいと思っています。これは簡単です。

その名前がすでに販売されている場合は、プロセスは簡単です。唯一考えなければならないのは、価格の交渉です。

価格交渉

価格交渉をする機会はよくあります。相手によっては、価格を下げられる余地があるかもしれません。しかし、あまり無理をしたり、考えすぎたりすることはお勧めできません。時間を無駄にしたり、名前を知られないようにしたりすることになりかねません。しかし、ある程度の交渉はしておいて損はないと思います。

取得後

ドメイン名を取得したら、次のステップはドメインレジストラに移管することです。ここでも、Domain.comをお勧めします(クーポンコードQUICKSPROUTで25%オフ)。ドメイン名を移管する手順はこちらをご覧ください。また、ドメインの仕組みを理解するのにも役立ちます。

ドメイン名の取得方法に関わらず、最終的なステップはお客様のアカウントにドメイン名が表示されることです。それが、正式なドメイン名です。

-未分類